就活に役立つ介護士求人情報

  • 都道府県による施設の介護士求人について

    有料老人ホーム2画像

    高齢化社会に伴う介護施設の重要性が高まる中、各都道府県は介護施設の増設を進めています。

    夫婦共働きが増える現代社会において、介護問題は深刻な問題になっています。

    女性の社会進出が進められている背景もあり、新しく建てられる施設が多くみられています。

    各都道府県ではそれに伴い介護士求人にも力をいれているようです。

    その背景には介護施設の急激な増加に介護士が不足しているという側面があります。

    いま、社会復帰や仕事を探している人には介護士求人がおすすめです。

    資格の取得も職場で支援しているところも多くありますし、新しい施設が多いということは、その職場を1からつくることに参加できます。

    これはなかなか普通の仕事ではできないことですし、働きながら学ぶことができる介護の特徴とも言えると思います。

    男性だけでなく女性にも行うことができる仕事なので、今後介護士求人には注目です。

    就職・転職に不安や悩みがあるならコチラで相談できます。

    カイゴジョブ申込み

介護士の仕事をやってみようと思ったら

  • 介護士の就活求人状況

    有料老人ホーム6画像

    少子高齢化社会が進む中で、介護業界はこれから先、人手不足が心配されています。

    今でさえも求人情報をみてみると、たくさん介護士の求人が掲載されています。

    どこの市町村にいっても、他の業種と比較すると介護士求人は多いです。

    最近ではどの市町村でも老人福祉施設が数多く建設されています。

    とくに介護施設における介護士の役割はとても大きいです。

    介護士が中心となり、老人福祉施設で生活している入所者をサポートしています。

    食事介助や排せつ処理、入浴介助など大変な仕事ですが、とてもやりがいのある仕事でもあります。

    やはり、お年寄りと話をするのが好きであったり、世話好きの人が向いていると思います。

    また、コミュニケーション能力も必要であり、この人は何に困り何を必要としているのかをくみ取る必要もあります。

    介護施設で集団生活となると、いろいろ問題も起こりますので、お年寄りの人たちみんなが、仲よく集団生活ができるように、サポートすることも必要です。

    もし、求人情報を見ていて介護士の仕事をやってみようと思ったなら、ぜひお勧めします。

    カイゴジョブ申込み

介護士の転職求人情報が満載!

介護サービスへの転職は、間違いなく売り手市場です!

条件のいい高待遇の介護士転職求人は、非公開求人となっていることがほとんどです。

カンタンな登録で、非公開求人を含めた高待遇の求人情報をご案内中!



    以下にあてはまるなら、希望条件での転職をしてみませんか?

  • 今のお給料より少しでも高いところに転職したい。
  • もっと休みが欲しい。休日日数のしっかりある会社がいい。
  • 残業が少なくてプライベートな時間も確保できると嬉しい。
  • 人間関係の良好な職場で働きたい。
  • 通勤時間の短い職場に転職したい。
  • 車通勤OKの職場がいい。

職種によって仕事の内容が異なるのはもちろんですが、どのような施設で働くかによっても業務は違ってきます。主な施設の種類は以下になります。

・特養(介護老人福祉施設/特別養護老人ホーム)

・老健(介護老人保健施設)

・グループホーム(認知症対応型共同生活介護事業所)

・ケアハウス(介護利用型軽費老人ホーム)

・ケアホーム(障がい者共同生活介護事業所)

・有料老人ホーム(介護付き有料老人ホーム)

・サービス付き住宅(サービス付き高齢者向け住宅)

・訪問/ホームヘルプ(訪問介護サービス)

・ショート/SS(ショートステイ/短期入所生活介護)

・デイ/通所(デイサービス/通所介護事業所)

・地域密着型サービス/小規模(小規模多機能型居宅介護)

・訪問入浴/巡回入浴(訪問サービス)

サービス提供責任者の勤務先

サービス提供責任者 とは

【仕事の内容】
在宅において、その方に適切な介護提供が行われているかどうかコーディネートするお仕事

①利用申込の受付・契約に関する相談、調整など
②介護支援専門員の作成したケアプランに基づいて「訪問の計画」を作る
③利用者&家族⇔ヘルパーの調整・管理を行う
④訪問ヘルパーを取りまとめる など

【勤務場所】
訪問介護事業所

【必要な資格】
介護福祉士(国家資格)・実務者研修修了者(厚労省の認定資格)・保健師(国家資格)・看護師(国家資格)・旧介護職員基礎研修(厚労省の認定資格)・旧ヘルパー1級(民間資格) など

介護の現場の特徴

介護の現場の特徴に、医師と看護師のように明確に役割が分れていない場合が多い。という点があります。
例えば所長が入浴介助をする、管理者がケアのコマ入るということも多いでしょう。
大切なのは“なぜそうしているのか”を理解すること!
そうでないと「現場だけでも大変なのに、色んなことが増えるのはムリ!」とマイナス思考になってしまいます。

自分の仕事を一生懸命やろうとすると、視野を広く保つのは難しいですが、長期的なキャリア形成のためには早くから職種の役割を理解し、チーム力を身に付けたいですね。
医療の現場と異なり“完治”“快復”というゴールがない分、深く関われば関わるほどに「もっと何かできないか」と探したくなります。

今はまだ先のことが考えられない・・・という方も、将来を見据え、自分に向いていそうな役割を探して挑戦していきませんか?

このページの先頭へ