介護の就活で悩んでいるあなたに!
介護士就活求人状況

  • 介護士の慢性的不足

    カイゴジョブ申込み


    有料老人ホーム求人5画像

    高齢化が加速している現在の日本では、老人ホームやデイケア、グループホーム等の介護を必要とする人達は多く常に介護に携わる人は不足しています。

    その中でも介護士は、正式名称を介護福祉士と言い、介護との現場において、介護をする人と、介護される人にとって重要な存在です。

    介護福祉士は各地の市町村に存在する、有料の施設や公営の施設において、介護する人を指導するのが主な仕事となります。

    介護の現場で統括的な仕事をする者となります。

    現在介護士の求人は大変高く、求人情報は沢山あります。

    特に、市町村の福祉を扱う部門に籍を置き、在宅で介護支援を求めている方のお宅へ訪問し、

    どんな介護を必要としているかなどの聞き取りをしたり、聞き取りした内容を検討した上で、

    実際に介護にあたる人達に伝えたり、指導を行ったりします。

    介護士の求人や求人情報は市町村だけではなく、民間の介護施設でも多くあり、活躍の場がどんどん広がっている業種です。

    この売り手市場の時こそ、最良の条件で就職しませんか?

介護施設の就職先選び方

カイゴジョブ申込み


稲沢市ケアハウスの職場選びは慎重に
同じ介護施設の職場でも、事業所によって、仕事の内容、働く環境でまったく違います。

自分に合った介護施設を選ぶのはとても重要です。

その介護施設にどんな上司や同僚がいるのか、どんな問題があるのか、細かいことは働いてみないと分からないものです。

しかし、事前に把握できることもあります。

求人票には、採用条件、給料や福利厚生、社会保険の加入の有無、勤務時間が一般的に書かれています。

また、事業所の概要はインターネットやそこの介護施設のパンフレットなどで確認できます。

ただ、この事前に把握できる内容だけで本当にあなたの望む介護施設を選べるのか?

介護の現場と繋がりがある就職・転職の専門家なら、もっと重要な情報を持っています。

介護福祉士・社会福祉士ってどんなお仕事?

年々増加する介護や援助の必要な人を情熱と奉仕の精神を持ってサポートする介護福祉士は主に、介護が必要な高齢者の自宅、または老人介護施設や特別養護老人ホームで、食事や入浴、排せつの介助と、本人や家族の精神面のケアを行います。国家資格の取得が義務付けられており、福祉に対して、より専門的な知識と医学的な技術を身に付けている介護支援のエキスパートといえます。今後、さらに保健・医療の分野に精通する人材の需要が高まっていくと考えられます。

一方、社会福祉士は、身体または精神的に障害のある人や、なんらかの事情により日常生活に支障が出た人の相談にのり、生活の援助をする仕事です。援助の内容は児童相談から金銭的な援助、申請の手続きなど、多岐にわたります。社会福祉士も福祉サービスの多様化に伴い、今以上に専門的な知識や技術が必要となります。公的機関のほか、民間の福祉事業にも活躍の場を広げていくでしょう。

無資格でも大丈夫!介護施設の求人を見つける方法

数多くのホームヘルパーの求人や介護施設の情報を見つけるためにはインターネットの利用が便利です。

介護関連の就職情報を扱うポータルサイトではホームヘルパーの求人を給与、働き方、エリアなどで絞り込みをかけて検索することもでき、介護施設の設備情報やサービス内容を一覧することが出来たり、都道府県別の仕事情報を効率的に集めることが可能となっています。

求人ページから簡単に就職採用面接のためのエントリーができたり、問い合わせを行う事の出来るメールフォームが完備されていることもありますので有効に利用して仕事へと繋げることも可能です。

介護等の資格がある場合には採用に有利になりますので持っている資格として応募時に忘れずに入力することが大切です。

介護職は社会的ニーズが高く、無資格OKの施設や中高年などシニア層でも働くことができる場所もあるため、働きながら介護の資格を取りたい方やベテランの方もこうしたサービスを利用して職場を見つけることが可能です。

介護の現場の特徴

介護の現場の特徴に、医師と看護師のように明確に役割が分れていない場合が多い。という点があります。
例えば所長が入浴介助をする、管理者がケアのコマ入るということも多いでしょう。
大切なのは“なぜそうしているのか”を理解すること!
そうでないと「現場だけでも大変なのに、色んなことが増えるのはムリ!」とマイナス思考になってしまいます。

自分の仕事を一生懸命やろうとすると、視野を広く保つのは難しいですが、長期的なキャリア形成のためには早くから職種の役割を理解し、チーム力を身に付けたいですね。
医療の現場と異なり“完治”“快復”というゴールがない分、深く関われば関わるほどに「もっと何かできないか」と探したくなります。

今はまだ先のことが考えられない・・・という方も、将来を見据え、自分に向いていそうな役割を探して挑戦していきませんか?

このページの先頭へ