介護の就活で悩んでいるあなたに!
介護士就活求人状況

  • 介護士の慢性的不足

    カイゴジョブ申込み


    有料老人ホーム求人5画像

    高齢化が加速している現在の日本では、老人ホームやデイケア、グループホーム等の介護を必要とする人達は多く常に介護に携わる人は不足しています。

    その中でも介護士は、正式名称を介護福祉士と言い、介護との現場において、介護をする人と、介護される人にとって重要な存在です。

    介護福祉士は各地の市町村に存在する、有料の施設や公営の施設において、介護する人を指導するのが主な仕事となります。

    介護の現場で統括的な仕事をする者となります。

    現在介護士の求人は大変高く、求人情報は沢山あります。

    特に、市町村の福祉を扱う部門に籍を置き、在宅で介護支援を求めている方のお宅へ訪問し、

    どんな介護を必要としているかなどの聞き取りをしたり、聞き取りした内容を検討した上で、

    実際に介護にあたる人達に伝えたり、指導を行ったりします。

    介護士の求人や求人情報は市町村だけではなく、民間の介護施設でも多くあり、活躍の場がどんどん広がっている業種です。

    この売り手市場の時こそ、最良の条件で就職しませんか?

介護施設の就職先選び方

カイゴジョブ申込み


丹羽郡ヘルパーの職場選びは慎重に
同じ介護施設の職場でも、事業所によって、仕事の内容、働く環境でまったく違います。

自分に合った介護施設を選ぶのはとても重要です。

その介護施設にどんな上司や同僚がいるのか、どんな問題があるのか、細かいことは働いてみないと分からないものです。

しかし、事前に把握できることもあります。

求人票には、採用条件、給料や福利厚生、社会保険の加入の有無、勤務時間が一般的に書かれています。

また、事業所の概要はインターネットやそこの介護施設のパンフレットなどで確認できます。

ただ、この事前に把握できる内容だけで本当にあなたの望む介護施設を選べるのか?

介護の現場と繋がりがある就職・転職の専門家なら、もっと重要な情報を持っています。

移動介護従事者の勤務先

移動介護従事者(ガイドヘルパー) とは

【仕事の内容】
視覚障がい者、車椅子利用者、知的障がい者などの外出に同行し、支援を行うお仕事

①対象者の安全に留意しながら、外出先での行動を支援する
②障がい者の自立と社会参加の促進を支援する
③社会活動などへの参加に同行し、行動を支援する など

【勤務場所】
市区町村による指定事業所

【必要な資格】
移動介護従事者(市区町村認定資格)
※1 全身性障がい者、視覚障がい者の外出同行は、ホームヘルパー資格では対応不可のため、プラスαの資格として取得する方が多いです。
※2 ガイドヘルパーのニーズは増えているが、役所の福祉課などからの紹介が多く、求人情報としては本資格単体ではほとんど案件がありません。

介護の転職・就職を全力でサポートします。

一緒に、面接で話す内容を整理しましょう

【1】再就職にあたって、譲れないことは何でしょうか。(希望・条件)

  • 福利厚生がしっかりしているところがいい。
  • ご主人の扶養内でお仕事したい。
  • 子供が小さいので5時までがいい。
  • 保育園や家から近い方がいい。
など様々だと思います。

【2】次に、介護施設で働く意欲は何でしょうか。(動機・目標・提供できるもの)

  • 研修が充実していて、知識をたくさん学べること。
  • 現場の雰囲気がアットホームでぎすぎすしていないこと。
  • 施設長の介護に対する考え方に共感できること。
  • これからますます必要となる介護について学んで、将来は自分の施設を作りたい。
  • おじいちゃん、おばあちゃんが今まで生きてきた経験にふれて、これからの人生を楽しくするためのサポートがしたい。
  • お給料がいいこと。
  • 経験が積んで、資格が取れるようになりたい。

希望条件・意欲を叶えるパート求人、必ず見つかります。

介護の現場の特徴

介護の現場の特徴に、医師と看護師のように明確に役割が分れていない場合が多い。という点があります。
例えば所長が入浴介助をする、管理者がケアのコマ入るということも多いでしょう。
大切なのは“なぜそうしているのか”を理解すること!
そうでないと「現場だけでも大変なのに、色んなことが増えるのはムリ!」とマイナス思考になってしまいます。

自分の仕事を一生懸命やろうとすると、視野を広く保つのは難しいですが、長期的なキャリア形成のためには早くから職種の役割を理解し、チーム力を身に付けたいですね。
医療の現場と異なり“完治”“快復”というゴールがない分、深く関われば関わるほどに「もっと何かできないか」と探したくなります。

今はまだ先のことが考えられない・・・という方も、将来を見据え、自分に向いていそうな役割を探して挑戦していきませんか?

このページの先頭へ