今なら高待遇!

  • 給与・福利厚生は高待遇の方が良いですよね?

    「求人票の給与が高い求人先」というのは、就職・転職先を決定する際のとても大きな要素とります。

    ただ、それだけで就職・転職先を決めてしまうと大きな落とし穴が待ち受けていることがあるんです。

    ここであなたに必ずチェックしていただきたい事は、「なぜ給与が上がるのか?」ということです。

    就職・転職したのはいいけど、残業ばかりで、時給計算したら前職の方が給与が良かった、なんて事もしばしばあります。

    給与アップと引き換えに、今までの生活リズムがメチャクチャに、なんてことが無いように、「給与アップの理由」を必ず確認する事が必須です。

    しかし、給与や労働条件をあなた一人で完璧に確認することは不可能に近いと思いませんか?

    それが、『就職・転職の不安に繋がる』という方が大勢います。

    不安解消の為にコチラの人材紹介会社を使ってみませんか。

    カイゴジョブ申込み

就活有料老人ホーム求人の悩み

ケアハウス画像
  • 平日に有料老人ホームの面接時間が確保できず、活動が長引いています…。
  • 半年、転職活動をしても有料老人ホームの転職先が決まりません…。
  • どの有料老人ホームも同じに見えて、応募先が選べません…。
  • スケジュール管理がうまくできず、有料老人ホームの面接が重なってしまいました。
  • 転職活動中であることが上司にばれてしまい…。
  • 有料老人ホームに内定をもらいましたが、もっとよい施設がありそうな気がして…。
  • 転職後すぐに、採用職種以外の仕事も担当することになってしまいました…
  • 早く転職先を決めたいあまり、希望よりも低い給与提示を承諾し…。
  • 転職成功かと思いきや、また新たな不安が生まれて…。
  • 待遇に惹かれてしまい、本来の目的が達成されませんでした…。
  • 条件はOK!しかし社風になじめなくて…。
  • 「できます!」と見栄を張ってしまいました…。
  • 以前の施設の方がよく思えてきて、戻りたいです…。
  • 似た職種だから未経験でもやれる!と甘く見ちゃいました…。
  • 雇用条件を確認せず、内定に飛びついてしまったんです…。
  • たくさん情報を集めて入社したつもりでしたが、やっぱり合わなくて…。

一人で就活をすると、このような悩みを抱える方が実に多いです。
悩みや不安無く就職・転職の就活をするならコチラをご活用ください。

介護職の良い求人があれば就職・転職を考えたい

  • 就活で介護職の求職をする場合、「良い求人があれば就職・転職を考えたい」と思っていても、日々のお仕事や勉強に追われて、なかなか就職・転職活動が出来ないという方も多いです。

    そんな時に便利なのが就活で有料老人のサポートをしてくれる人材紹介会社です。

    希望就労条件を伝えるだけで、数日以内に複数の求人を紹介してくれます。

    ※ホームページに掲載出来ない未公開求人も多数あります!

    カイゴジョブ申込み

日本グループホーム学会の概要

詳細 日本グループホーム学会
郵便番号 231-0806
住所 神奈川県横浜市中区本牧町1丁目120
電話番号 F専 045-228-7728
MAP ◆位置情報

介護士は社会で必要とされてます

就活介護士求人

介護士・ケアマネージャー・ホームヘルパーは、日本の社会にとって、とても重要な職種です。

日本は世界でもトップの高齢者率の高い国です。

多くの先進国で、介護の仕事は引く手あまたで、この仕事をする人たちを求めるニーズはますます増しています。

あなたを高待遇で求めている介護関連企業が沢山あります。

今すぐ確認してみて下さい!

介護福祉施設の求人情報と就職・転職の進め方

あなたに最も適した介護施設の求人情報がすぐ近くにあるかもしれません。
すぐに介護のお仕事をスタートするつもりではなくても大丈夫です。
どれくらいのお給料なの? どんな雰囲気の施設なの?
知りたい方はこちらの情報がおすすめです。

介護職は、今後もニーズが高まる仕事です。

人口の逆ピラミッドからも分かるように、今後は介護職はなくてはならないものであり、どんどん需要が増えていくことでしょう。
また、介護職に携わっていれば資格や技能も活かせますし、長く続けるほど、資格が増えキャリアアップが図れます。

せっかくの転職ですから、長い目で見て自分のキャリアアップにつながるような施設に就職・転職したいですよね。
ただ、ご自分の生活スタイル、働ける時間、お給料、福利厚生、キャリアアップ、多角的にみて就職・転職先を見つけるのは困難です。

介護福祉施設に直接聞きにくいことを聞けるのはこちら

介護福祉施設に、直接求人があるかどうか聞くのって勇気がいりますよね。

・お給料
・職員さんの雰囲気
・お休みがどれくらい保障されているか
・福利厚生
など、聞きたいことはたくさんあると思います。

しかし、こちらの都合ばかりを言ったり質問したりするのも、気がひけませんか。

それに、介護福祉施設の方はなるべくたくさんの方に面接をしてもらいたいので、自分の施設にとって都合が悪いことは伝えないでしょう。

そんな時はこちらで思う存分聞いて、納得のいく転職・就職をしてください。
無料で利用できます。

ホームヘルパーの求人

介護福祉士まで持っていなくても、今介護の世界は人材不足です。

ホームヘルパー(介護職員初任者研修修了者)だけでも持っていると、ある程度の知識があるため重宝されます。

都道府県によって違いはあるとは思いますが、「ホームヘルパー求人 施設」または「ホームヘルパー求人 都道府県」と入力して検索すると、施設内入浴介助専門職員や食事介助、移乗・移動介助という形であったり、施設内介護職員という形で募集しているところが沢山あります。

また、介護施設勤務が3年経てば介護福祉士の国家試験を受けることが可能です。

施設は今現在資格がなくても勤務は可能です。

ただ、ヘルパーの資格があるとある程度の知識、福祉用具の使い方が理解でき、利用者様に正しく使い方を説明できるため、ヘルパーの資格がある方が受け入れられやすいです。

就職難と言われる時代でも、高齢者は増える一方なので「ホームヘルパー求人 都道府県」と入力して検索すると、沢山の求人に当たります。

無資格未経験の方にオススメ

無資格未経験なら非正規雇用もオススメなワケ!

無資格未経験であればいきなり正社員からではなく、非正規雇用からはじめるのも手です。

特に派遣は未経験の方なら時給も高待遇ですし、なにより派遣会社に相談できたり交渉してもらえたりとサポートが受けられるのでおすすめです。

特別養護老人ホームなどでも非正規雇用で勤めていれば、夜勤をさせる施設はほとんどありません。

夜勤は慣れていないと、思ったより精神的にも体力的にも負担が大きいものです。
ただえさえ未経験で仕事に慣れていないのにさらに夜勤が入ってくると最初はかなり辛いと思います。
ただ給与はもちろん正社員よりも少ないので、そこは念頭に置いておきましょう。
まずは経験を積むため、適切な資格をとって体育ためと割り切ることも必要になります。

このページの先頭へ