就活に役立つ介護士求人情報

  • 都道府県による施設の介護士求人について

    有料老人ホーム2画像

    介護士求人とは、介護福祉士の有資格者を対象とした求人であり、求人情報は基本的に市町村に在るハローワークや介護専門の人材紹介会社で探す事が出来ます。

    介護士の求人は、比較的高度な専門知識を要する仕事となります。

    介護の求人情報ですが、基本的に無資格者でも就労が可能となっています。

    無資格者でも就労可能というのは、基本的には人材派遣会社を通じて応募をすることとなっています。

    市町村のハローワーク等で出されている介護士の求人ですが、専門学校等を卒業した実務未経験者だと即戦力として採用され易くなります。

    介護士は、介護の実務経験が三年以上在る人であれば資格試験の受験資格が付与されます。

    ホームヘルパーの有資格者であれば、実務経験での就業時間の総数が比較的短時間でも受験資格が付与され易くなります。

    介護士となれば、激務とされる介護の仕事において賃金面では比較的優遇される事になります。

    介護士の業務ですが、介護サービス利用者の内、身体又は精神上の障害が在る人に対してより専門的な技術を用いて介助をする事ができるようになっています。

    一人で就職先を決めるのに不安があるなら、

    是非、コチラに相談して下さい。

    カイゴジョブ申込み

あなたの就活を応援します!

  • 介護士の求人ならコチラです。

    有料老人ホーム6画像

    今こそ高齢社会の時代に介護の現場で働いてみませんか?

    日本の高齢化率は、2010年には、23.1%が65歳以上となり75歳以上が10%を超えています。

    そう、約4人に1人が高齢者、その中で75歳以上が10人に1人いるわけです。

    この高齢社会を支える仕事こそが、介護職です。

    各都道府県の多くの施設であなたを待っています。

    介護の仕事は、身の回りのお世話することだけだと思っていませんか?

    ただ大変な仕事としか思ってませんか?

    しかし介護施設は、都道府県によって地域とのかかわりあいや、

    季節の行事などを積極的に行い、

    利用者だけでなく、自身も楽しむ場でもあります。

    自分が、何年、何十年か先に入るかもしれない場所をみんなで力を合わせて、より良い場所にしましょう。

    行事では、自分の特技を生かせることもあります。

    今の仕事にやりがいを感じていないあなたこそ、この仕事に生きがいを求めてみませんか?

    介護士の求人ならコチラです。

    カイゴジョブ申込み

転職する時のキャリア査定

転職をするにあたり自分の市場での価値がどのくらいなのかを知ることは重要です。

もちろん、待遇だけが仕事を選ぶ基準ではありませんのであくまで1つの指標として考えてください。
自分の市場での価値をある程度事前に把握して、あとは自分の納得度合いに応じて活動を進めていくというのが客観的な目を持つという意味で重要になると思います。

次の項目は、各施設の給与相場(全国平均給与)のデータになります。

今のあなたのお給料と比較してみると、全国平均給与より高いのか低いのか、ご自分のキャリア査定の目安にもなると思います。

未経験でもオススメなワケ!

未経験なら非正規雇用もオススメなワケ!

未経験であればいきなり正社員からではなく、非正規雇用からはじめるのも手です。

特に派遣は未経験の方なら時給も高待遇ですし、なにより派遣会社に相談できたり交渉してもらえたりとサポートが受けられるのでおすすめです。

特別養護老人ホームなどでも非正規雇用で勤めていれば、夜勤をさせる施設はほとんどありません。

夜勤は慣れていないと、思ったより精神的にも体力的にも負担が大きいものです。
ただえさえ未経験で仕事に慣れていないのにさらに夜勤が入ってくると最初はかなり辛いと思います。
ただ給与はもちろん正社員よりも少ないので、そこは念頭に置いておきましょう。

介護の現場の特徴

介護の現場の特徴に、医師と看護師のように明確に役割が分れていない場合が多い。という点があります。
例えば所長が入浴介助をする、管理者がケアのコマ入るということも多いでしょう。
大切なのは“なぜそうしているのか”を理解すること!
そうでないと「現場だけでも大変なのに、色んなことが増えるのはムリ!」とマイナス思考になってしまいます。

自分の仕事を一生懸命やろうとすると、視野を広く保つのは難しいですが、長期的なキャリア形成のためには早くから職種の役割を理解し、チーム力を身に付けたいですね。
医療の現場と異なり“完治”“快復”というゴールがない分、深く関われば関わるほどに「もっと何かできないか」と探したくなります。

今はまだ先のことが考えられない・・・という方も、将来を見据え、自分に向いていそうな役割を探して挑戦していきませんか?

このページの先頭へ